大阪市福島区の歯科・歯医者なら、あんどう歯科クリニック

電話予約
初診WEB予約

お知らせ

お知らせ INFORMATION

コラム

こんな症状はむし歯かも?

皆さんこんにちは。

野田阪神駅のあんどう歯科クリニックです。

むし歯が疑われる症状といえば「歯痛」ですよね。

歯が痛いと感じたら、誰もがまずむし歯を疑うことかと思います。

けれどもむし歯には、それ以外にもいくつかの特徴的な症状が現れます。

それらを知っておくことで、むし歯を自覚しやすくなることでしょう。

そこで今回は、むし歯が疑われる症状をわかりやすく解説します。

歯が痛い

歯に痛みを感じる場合、むし歯以外にも知覚過敏や歯周病、親知らずの病気なども疑われます。

いずれにせよ何らかの異常が生じていることは確かなので、歯が痛いと感じたら速やかに歯科を受診しましょう。

その際、痛みの種類や痛みが生じるタイミングなどもしっかり伝えることで、病気の原因が探りやすくなります。

むし歯が原因であれば、歯を削ってレジンを充填することで症状も改善されます。

歯に穴があいている

歯の表面に穴があいている場合は、ほぼ間違いなくむし歯といえます。

私たちの歯は、エナメル質というとても硬い組織で覆われておりそう簡単に穴があくことはありません。

ただし、むし歯菌が産生する酸には弱い傾向あります。

ですから、歯に穴があいている場合は、すぐにでも検査を受けて、適切な治療を受ける必要があります。

歯の表面に白いシミがある

歯の表面の白いシミは、初期のむし歯の可能性が高いです。

専門的には「初期う蝕」と呼ばれるもので、まだ歯の表面に穴はあいていません。

「表層下脱灰(ひょうそうかだっかい)」という特殊な減少が起こっているだけなので、歯を削らずフッ素を塗布することで治せる場合があります。

そのまま放置すると、やがては歯に穴があいてしまいますので要注意です。

まとめ

このように、むし歯にもいろいろな症状がみられます。

その中でも初期のむし歯で気付くことができれば、大切な歯質を失わずに済むため、日ごろから歯の異常には敏感になっておきましょう。

当院の予防歯科まで定期的にご来院いただければ、そうした初期う蝕も見逃さずにしっかり発見することができますよ。