大阪市福島区の歯科・歯医者なら、あんどう歯科クリニック

電話予約
初診WEB予約

お知らせ

お知らせ INFORMATION

コラム

むし歯を放置することのリスク

皆さんこんにちは。

野田阪神駅のあんどう歯科クリニックです。

風邪や食あたりなどは、必ずしも病院に行く必要はありませんよね。

私たちの体には病原体と戦う免疫力が備わっていますし、これらの病気は自然に治ることの方が多いです。

一方、同じ感染症であるむし歯は、放置して良くなるということは絶対にありません

そこで今回は、むし歯を放置すると何が起こるのか、わかりやすく解説します。

むし歯はなぜ自然に治らない?

むし歯も細菌感染症なら、体の免疫力によって排除してもらえそうなものですよね。

けれども、歯の表面に感染したむし歯は、歯質の中にまで入り込んでいしまっていることもあり、免疫細胞で排除することは困難なのです。

そのため、歯質もろとも削る以外、治す方法はありません

歯質がどんどん溶けていく

むし歯を放置すると、溶かされる歯質の量がどんどん増えていきます。

重症化したむし歯では、歯冠がボロボロになってきますよね。

それだけにとどまらず、むし歯菌は歯の神経まで攻撃するようになるのです。

その結果、歯髄炎(しずいえん)を発症し、ものすごく強い「歯痛」に悩まされることになります。

放置し続けると痛みが消える?

むし歯は放置し続けると、ある時期から痛みが消失します。

これを自然治癒と勘違いしてしまう人もいます。実際は歯の神経が死んでしまっただけなので、依然として病状は悪化しています。

その後は、歯根までボロボロになり、歯の根っこの先に膿の塊などを形成するようになるのです。

深刻なケースでは、顎の骨に骨髄炎を生じさせるため十分注意しましょう。

まとめ

このように、むし歯を治療せず放置すると、病状はどんどん悪化していきます。

その結果、歯を失うだけではなく、顎骨炎などを引き起こすこともありますので、可能な限り早期に治療を受けることが大切です。

当院であれば、痛くないむし歯治療を実施できますので、歯科治療に不安がある方でも安心して施術を受けることができますよ。