大阪市福島区の歯科・歯医者なら、あんどう歯科クリニック

電話予約
初診WEB予約

お知らせ

お知らせ INFORMATION

コラム

初期の虫歯は削らずに治療できる

皆さんこんにちは。

野田阪神駅のあんどう歯科クリニックです。

むし歯というのは、一度かかると自然治癒しないことは有名ですよね。

痛みがなかったり、途中で痛みが消失したりしても、それはむし歯が治ったわけではないのです。

そのため、むし歯は必ず治療を受けなければ病気です。

それならばできるだけに早期の段階で治療を受けることをおすすめします。

まだ発生して間もないむし歯なら、歯を削らずに治すことも可能だからです。

初期のむし歯とは?

初期のむし歯とは、専門的には「初期う蝕」と呼ばれるもので、歯の表面に白いシミが認められるのが特徴です。

意外にわかりやすいので、皆さんも一度お口の中を鏡でチェックしてみてください。

歯の表面に白濁が見つかったら、それは初期のむし歯かもしれませんよ。

まだ、歯の表面に穴があいていないので、歯を削らずに治すことが可能です。

初期のむし歯の治し方

初期のむし歯は、歯の内部が少し溶け出している状態です。

「表層下脱灰(ひょうそうかだっかい)」と呼ばれるこの現象は、フッ素塗布などで再石灰化を促すことで改善することができます。

同時に、正しい歯磨きの方法を身に付けることも必要となります。

なぜなら、まだ初期の段階とはいえ、むし歯が発生しており、ブラッシング法に何らかの問題があるといえるからです。

そのため、初期のむし歯が見つかったら、フッ素塗布を行うとともに、歯科衛生士によるブラッシング指導を受けることが大切です。

放置すると穴があく

初期のむし歯を放置すると、やがては歯の表面に穴があきます。

つまり、通常のむし歯と同様、エナメル質の溶解が始まるのです。

そうなったら歯を削らざるを得なくなりますので注意しましょう。

まとめ

このように、むし歯は初期の段階なら削らずに治すことが可能です。

歯質は一度削ると元には戻らない組織なので、可能な限り保存することが重要です。

そんな初期のむし歯の治療も当院にお任せください。

患者さまのかけがえのない歯質を極力保存できるよう努めます。