大阪市福島区の歯科・歯医者なら、あんどう歯科クリニック

電話予約
初診WEB予約

小児矯正

小児矯正 orthodontics-for-children

子どもの矯正治療について

最近、顎がほっそりとした顔立ちの子どもが増えてきました。 また、現代人は食生活の変化に伴い「噛む力が弱くなっている」という医師や研究者の指摘もあります。 本来、乳歯から永久歯に生え変わる時期に向けて、顎は大きく成長している必要があります。しかし噛む力が弱まると顎が発達せず、歯が生えるスペースが足りなくなります。その結果歯並びやかみ合わせに不具合が起きるのです。 小児矯正は、成長期にある顎の発達過程を利用して歯並びやかみ合わせを整える治療ですが、治療のタイミングには個人差があります。一般的には下顎に永久歯の前歯4本、上顎に永久歯の前歯2本が生えてきた頃が、治療を始めるのによいタイミングとされています。

第一期治療とは

大人の方の矯正治療とは異なり、小児矯正は「第一期治療」「第二期治療」の2段階で治療を行います。

第一期治療は、早期に歯並びやかみ合わせに影響を与えそうな要素を見つけ、顎の発育を利用しながら骨格を整え、永久歯がきちんと生えるよう導いていきます。

治療は、顎の正しい発育を促すために、取り外しが可能な矯正装置(床矯正)を主に就寝中に装着して行います。

治療開始の目安は、前歯と6歳臼歯が生え揃う7~8歳頃。まだ永久歯に生え変わる前の乳歯の時期(乳歯列期)か、乳歯と永久歯が混在して生えている時期(混合歯列期)に行います。

床矯正とは

第二期治療は、第一期治療の“仕上げ”として矯正装置を使用し、きれいな歯並びや正しいかみ合わせに調整していくことが目的です。大人の方の矯正治療と同じくワイヤーを利用した矯正装置やマウスピース型矯正装置を用いて、少しずつ歯を動かしていきます歯列を側方に拡大する矯正方法で、「床(しょう)」という入れ歯のような装置を装着します。ネジをまくことで歯列に力を加え徐々に拡大していき、歯がきれいに並ぶために必要なスペースを確保します。お子さんの顎の発育ペースに合わせて力を調整できる、また、顎の骨の成長が止まる前に歯並びを正しい方向へ導くことができるので、健康な歯を抜歯したり削ることなく自然できれいな歯並びになります。

混合歯列期(乳歯と永久歯が混ざっている状態)である小学校低学年ごろから始められ、時期が早いほど治療費も抑えられる傾向にあります。

第二期治療とは

第二期治療は、第一期治療の“仕上げ”として矯正装置を使用し、きれいな歯並びや正しいかみ合わせに調整していくことが目的です。大人の方の矯正治療と同じくワイヤーを利用した矯正装置やマウスピース型矯正装置を用いて、少しずつ歯を動かしていきます。

治療の開始時期は、顎の成長具合や症状によって異なりますので、お子さまにとって最適な時期を判断します。一般的には、すべての乳歯が永久歯に生え変わる時期とされる10~15歳(中学~高校生)頃からスタートすることの多い治療です。

治療に使用する水は、患者さまが座る診療台の水路管を通って供給されています。しかし、夜間や休診日など長時間使用しないと、滞留した水に菌やウイルスが繁殖してしまう可能性があります。
そこで、過酸化水素水を使用した水洗浄システムを設置し、常に清潔な水が留まることなく水路管を流れるようにしています。

早期治療のメリット

小児矯正はできるだけ早期に治療をスタートすれば、大人になってから矯正治療を始める場合と比べ、治療期間の短縮や費用を抑えることが可能です。

また、大人の矯正治療では、抜歯や骨格を調整する外科手術が必要になることがあります。

その点、小児矯正は成長途中の顎の骨格を含めて矯正していきますので、抜歯や外科手術などのリスク回避も期待できます。

このように早めの時期に矯正治療をご検討いただければ、いつ、どのような治療を受ければ最大限の効果を上げられるのかなど、ご相談しながら治療を進めていくことができます。

デンタルローンについて

あんどう歯科クリニックでは、「アプラス デンタルローン」をご利用いただけます。
お客様に代わって新生銀行グループ「株式会社アプラス」が治療費を立て替え払いするローン契約です。
「治療費を一括で支払うのが難しい…」「高額でも納得のいく治療が受けたい」といった患者さまもデンタルローンでの歯科治療をご検討ください。